Webプログラミングならjavaの時代

ゲームはパソコンやスマートフォン等、様々なデバイスを使って誰もが楽しめるようになった。子どもの頃から親しんできていることも多く、その開発に携わりたいと考えてプログラマを目指したり、プログラミングを勉強したりする人も増えているようだ。自分で開発したソフトフェアをインターネットで公開することも容易になったことから、そういったアマチュアプログラマがだんだんと増加してきている傾向にあるのだ。

そういった状況があるものの、アマチュアが作るものとプロが作るものではやはりクオリティーに差があり、プロを目指してスキルを磨く人もいるだろう。もしプログラマとしての就職の道を探すのであれば、最近ではjavaの習得が有効だと言える。ブラウザ上で動作するプログラミング言語として汎用性の高さが着目されるものの、習得が難しくて使いこなせる人が少ない現状があるからである。OSに依存せずに動かせることから、javaを用いて開発されたゲームは端末に依存せずにプレーしたもらうことが可能であり、ユーザー数の獲得に有利と言える。

そのため、ソーシャルゲーム開発においては中心的に使用されるプログラミング言語となってきており、企業に就職して使用するとしても、フリープログラマとして仕事の請負を行っていくとしても重要性が高くなってきている。また、他の業界でもWebプログラミングにおいてjavaは重宝されることから習得すべき言語の1つとなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です